気くばり品質

気くばり品質

給気口、畳、防腐材にも気くばり品質。

メンテナンスにも健康にも配慮して住む人の視点に立った工夫がアーネストワンの家には盛り込まれています。

意外に知られていないのが、給気口にあるウェザーキャップが取り外せること。簡単に取り外せる利点は、給気口のお手入れをお客様自身でできることです。

畳は次世代畳として注目されるダイヤロン畳。退色しにくい上、ダニやカビの発生も抑えます。

建材に使われる防腐・防蟻剤は健康にも配慮している上に、乾式注入という特別な加工法がとられ、木材から薬剤が揮発することがありません。


特許取得の点検口も、安心への配慮。

特許番号「特許第5303285号」

1階の部屋の数カ所に「ホールダウン点検口」が設けられているのも、当社の木造住宅の大きな特長です。家の構造を支えるホールダウン金物が緩んでいないかをチェックし、緩んでいる時はお客様の手で締め直すことができるようにするために設けられています。ホールダウン金物とは、コンクリートの基礎と柱を連結する重要な部品です。木造住宅のホールダウン金物は体に感じない地震や風などで緩んでしまうことも分かっており、当社の耐震実験結果からもしばしば緩むことが確認されています。より安心で安全に暮らしていただくために設置した点検口。これは、当社自慢の自社開発特許の一つです。


漏水・防水にも、独自の自社対策。

木造住宅の従来工法でよく使われてきたのは、防水シートと防水テープによる施工方法。木造の家は想像以上に雨に弱い。また、万一漏水が起きた場合は、その補修・改修に多額の費用が発生します。当社では、あらかじめ漏水の可能性が高い箇所へは、一体型防水カバーを用い、防水・漏水対策に努めています。また、棟違いの屋根と屋根を繋ぐ板金も工場で同一規格で製造したものを用います。従来の工法では、一棟ごとに建築現場で手作業で制作していましたが、品質のばらつきが大きく、漏水の原因になることもあったため、 メーカー共同開発板金に仕様を統一しています。

  • 一体型防水カバー
  • 板金
ページの先頭へ戻る