ごあいさつ

ごあいさつ

平素は、弊社をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
全従業員を代表して厚く御礼申し上げます。

弊社は、創業来の総合建設業からマンション・戸建住宅の分譲を事業主体とするデベロッパーへと業態変更を行い、新たな一歩を踏み出しました。おかげさまで、2005年に東京証券取引所市場第一部へ上場を果たすことができ、売上高につきましても2,000億円を達成することができました。
(2018年3月期実績:売上高:2,908億円 経常利益:234億円)

また、分譲販売棟数につきましても、2018年3月期、戸建分譲10,376棟、マンション分譲788戸お引き渡しすることができました。2002年3月期から2018年3月期までの販売を累計しますと、戸建分譲9万7,060棟、マンション分譲1万6,069戸となっております。これもみなさまのご支援の賜物と感謝いたしております。

2013年度には一建設株式会社、株式会社飯田産業、株式会社東栄住宅、タクトホーム株式会社及びアイディホーム株式会社との経営統合により、グローバルに活躍する総合不動産住宅メーカーとして、これまで以上に、より多くの人々が幸せに暮らせる住環境を創造し、豊かな社会作りに貢献してまいります。

これからも、グループの一員として「マイホームを手に入れたいという夢を一人でも多くの人々に叶えてもらいたい」という企業理念に基づき、いつまでもお客様の心に「アーネストワンの家を買って良かった」と感動や感激を残せますよう全社一丸となってまい進する所存でございます。

今後とも、弊社の住宅をご支持ご愛顧していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
松林 重行

ページの先頭へ戻る