北海道仕様

北海道仕様

トップランナー基準 LOW-Eガラス

株式会社アーネストワンは、寒冷地に住まいをお探しの方へ
耐雪性を備えた安全・安心な住宅を提供します。

アーネストワン寒冷地仕様の住宅は、トップランナー基準を満たしています。

住宅のトップランナー基準で重要視されるのは、窓や外壁の断熱性や建築設備の 省エネルギー
性。
トップランナー基準で求める水準は、外皮基準(「平成25年外皮基準)」を満たす外壁・窓等
を有する住宅に、平成20年時点での一般的な設備を備えた場合の一次エネルギー消費量を10%
削減したものからさらに15%削減した消費量に相当するものです。
弊社の寒冷地仕様の戸建住宅は、上記を満たし、省エネ性に優れた仕様になっています。

LOW-E複層ガラス

寒冷地仕様の窓は、高い断熱性を保持できるLOW-E複層ガラス(アルゴンガス)を使用しております。

LOW-E複層ガラスとは

[写真]

●断熱効果について
乾燥空気よりも断熱性の高いアルゴンガスを封入することで、断熱性能を向上させた複層ガラスです。アルゴンガスは、乾燥空気よりも熱伝導率が低いので、Low-E複層ガラスに適用すると断熱性能が高まり、効果的です。
【熱伝導率】 空気:0.024[W/(m・K)]
アルゴンガス:0.016[W/(m・K)]

(上記表示は、LIXIL製品の表示となる為、実際の使用状況に応じて異なる場合があります。)

[写真]

●結露防止について
部屋の内外の温度差が原因となる結露を抑制します。高断熱性のため、一般ガラスの結露発生温度4℃に比べ、アルゴンガス入りガラスは-23℃。その差は28℃にもなります。

LOW-E複層ガラスの有効性

[写真]
ページの先頭へ戻る